(2004.4.16〜17)
<その1>

ハマダ&satsukiさん夫妻&私たち夫婦で福島方面の観光&温泉に出掛けました。まったくのおまかせ旅行だったのでご夫妻にはご面倒をおかけしました。

朝8時半鎌ヶ谷駅で落ち合って出発。ハマダ氏の愛車は習志野ナンバー・黒の三菱ランサーエボリューションZ。高速道路を爆走してると前の車が避ける避ける。見事に視界がひらけるんですよ。実は私、あまりの加速さ加減にビビって後部座席だけどしっかりシートベルトを締めておりました。

今回の旅行のお楽しみ企画第1段が喜多方。本場の喜多方ラーメン初体験、やっほう。

 
チャーシューメン750円
 
数ある店の中で入ったのは松食堂

金曜日ってこともあるけどお店はどこもガラガラ。ラーメンマップ片手に歩いている観光客をパラパラ見かける程度です。私たちの参考資料はガイドブック。じっくり検討した結果、貴重な1杯は定番っぽいラーメンを食べさせてくれそうな「松食堂」に決定。

松食堂のラーメン、最初チャーシューがしょっぱいな・・・。と思ったけれど最後の方には塩分がスープに溶けてちょうどいい味になってました。東北だからか味は濃いめの様です。ハマダ氏、汁まで飲み干してました。

ラーメン完食後、ラ・フランスソフトクリームを食し、夜用にと日本酒を求め、途中「道の駅裏磐梯」で休憩しつつ温泉へ向かいました。私、「道の駅」って存在初めて知りましたよ。身近に車運転する人、いなかったもので。

 
道の駅裏磐梯で食べた「そばソフト」
味、微妙
 
展望台から見た桧原湖
まだ雪がたくさん残っています

夕方、目的地の新野地温泉相模屋旅館に到着。「日本秘湯の会」会員だけあってひなびた風情のお風呂は大変素晴らしく、まさに私好み。早速浴衣に着替えて温泉へ!お湯は暖かく気温は低い。出たり入ったりしながら普段は長風呂をしない私もじっくり楽しみました。

 
太りすぎの12歳オス犬。名前はラッキー
キャラクターグッズまである人気者(らしい)
その格好、どうにかならんか
 
部屋は簡素な6畳一間
バスタオルあります
1階にある内湯。少々狭いけど情緒たっぷり
 
奥にあるのが女性用野天風呂
源泉のすぐそばにあります
 
女性用野天風呂
目隠しがあるので景色はこれだけ
 
2階にある内湯。お湯はすこぶる熱め
シャワーがありますが出はイマイチです
 
景色抜群の2階女性用露天風呂
熱い内湯よりこっちの方がゆっくりできます

金曜なので宿泊客も比較的少なく、温泉はほぼ貸し切り状態です。やっぱり温泉は平日に限りますな。
お風呂を満喫し、疲れもあってうとうとしてたらあっという間に夕食の時間となりました。
お造りは鯉の洗いと刺身こんにゃく。 天ぷらはふきのとうやぜんまい。
やっぱ山ですから山菜がフューチャーされております。
あっさり系のお料理ではあるけれど見た目よりお腹が膨れます。
 
特別料理:馬刺
こちらも特別料理:鹿刺

地のもの中心で好感が持てる夕食でしたが、なんせ量が多くて完食ならず。なんか敗北感がひしひしと・・・。
締めに炊き込みご飯が出るのは反則だ〜。私以外のメンバーはがんばって食べていたようです。

食後の休憩・星空を楽しみながらの本日2回目のお風呂の後は買ってきた日本酒をちびちびやりながら世間話。試飲したときはなぜかあまりおいしいと思わなかった酒ですが、風呂上がりに飲んだらなんとおいしいこと。ちなみに夫は疲れが溜まっていたのかダウンしてしまってこのお酒を飲むことはできませんでした。


 HOME   NEXT