(2004.11.5〜11.7)

突然夫が「能登に行こう!」と言い出しました。なぜ今能登なのか・・・?とりあえず旅のプランを立てるべくネットでいろいろ検索してみたらなんと「のと鉄道」が2005年3月31日で大幅廃線してしまうことが判明。これは行かねば!

ってな訳でにわか「鉄ちゃん」となり廃線間近の「のと鉄道」を制覇してまいりました。夫作成の地図はこちら。この地図見ながらご覧ください。



その1:のと鉄道完全制覇

高島平団地発の深夜バスに乗りまだ夜明け前の金沢駅に到着。駅前は大工事中で鼓をイメージした巨大シティゲートが姿を現し始めておりました。はっきり言って京都駅以上の衝撃です。以前ここに来たことのある夫は呆然としています。税金の使い方、間違ってるんじゃないのぉ?

気をとりなおして朝食を求めて駅のコンビニへ。ここで「いわしの棒鮨」を購入。駅前ロータリーのベンチで食したところこれが激うま!脂が乗っててジュ〜シ〜で(乗りすぎてて私は服に脂を垂らしました(汗))生姜が効いてて酒の肴としてもいいかも。帰りにもおみやげとして買って帰ることをこころに決めていざ、列車の旅へ。

 
「金沢名物」と書いてあるけど他では見かけなかった「いわし棒鮨」


まずはJR七尾線に乗り七尾駅へ向かい、そこからのと鉄道に乗り換え全駅制覇の旅をし、あわよくばそこから路線バスに乗って能登半島をぐるり一周しようというプランとなっております。あらかじめ夫が時刻表を調べておいてくれたんですが果たして電車やバスはちゃんと接続してるんでしょうか・・・。まずは7時06分金沢駅発七尾駅行きの普通電車に乗り込みます。


JR七尾線

ローカルなJR七尾線に揺られること1時間30分。8時38分やっと七尾駅に到着。「もう充分各駅停車の旅を満喫しました。」と言いたいところだけど本番はここから。休日限定のと鉄道一日乗り放題フリー切符を購入。詳しい時刻表も入手。ついでに掲示されていたバス路線の時刻表もチェック&デジカメでぱちり。1時間に1本。いや、2時間に1本程度しか便は無く非常に綱渡り的でございます。なんだかどきどきしちゃいますね〜。


のと鉄道休日限定フリー切符


のと鉄道:七尾駅にて

9時17分七尾駅発。9時23分和倉温泉で途中下車。あのあこがれの加賀屋がある温泉街!しか〜し、温泉街は駅前ではなく車で少々行ったところにあるのでした。次の接続の電車まで1時間20分。バスを待つ時間の余裕は無いのでタクシーに乗り込み温泉街へ。

到着した和倉温泉。チェックアウトの時間だというのに人の動きは見られず閑散としておりました。「るるぶ石川」を頼りにまず向かったところは「和倉温泉総湯」。明治時代から続く共同浴場だそうで建物前には無料の足湯が設置されておりました。私は入浴したかったんだけど夫が風邪気味とのことで断念。ささやかですが温泉を味わうために足湯でがまん。深夜バスに揺られ、各駅停車の電車にも揺られた私にとってはこれはこれで気持ちがいいものです。

 
和倉温泉総湯の脇にある「飲める温泉」
 
足湯に浸かろうとしている私

温泉街をぐるり一周してみたものの特に見所は無し。やはりいいお宿に泊まっておいしい料理や温泉を堪能しないとここの良さはわからないみたい。てくてくと加賀屋方面に歩いていくとこんなものが・・・。


弁天崎公園:ここで温泉たまごが作れます。

う〜ん、近くに生卵を売っている店が見つからないのが残念。温泉たまご、食べたかった・・・・。

巨大な加賀屋を見上げ「いつか泊まってやる」(笑)と心に誓う私たち。やることも無くなりタクシー乗り場へ向かって歩いて行く途中で甘いもの屋さん発見。

 
黒ごまソフトクリーム
 
「ごま屋」

よく見たら「るるぶ石川」にも載ってる「ごま屋」さんでした。おすすめ商品はいろいろあれど全国各地のソフトクリームを食している私たちはここでも当然ソフトクリームを選択します。おお、ごま味が濃いです。かなりポイント高いです。店の前で記念撮影をキメるわたし。見ようによってはカメラマン(夫)と雑誌編集者(私)の私たち、かなりアヤシイです。

再びタクシーに乗り込み和倉温泉駅に戻ってきた私たち。10時42分蛸島行きの電車に乗り込みます。途中穴水にて10分間停車。駅弁を求めて下車するもイケてない弁当ばかりなり。仕方なしにのり巻き&お稲荷さん弁当を購入し早めの昼食。途中駅までは一般客も多数乗車していたものの終点間近になるといわゆる「鉄ちゃん」ばかりとなりました。一駅止まるごとに路線図にチェックを入れる人、分厚いJR時刻表を持ち歩いている人、いろんなデータがかかれているとおぼしきメモを持っている人・・・。近くに座っていた熟年ご夫婦、ご主人はカメラ片手に目をかがやかせていましたが奥さんはすでに飽きている様子。横に座っている30代とおぼしき男性2人組は熱心に車窓の風景を激写しています。

ふと前をみると、自慢のEOS KISSで車窓の風景を激写している夫が・・・(汗)

 
いわゆる「鉄ちゃん」しか乗ってません
 
夫撮影「のと鉄道の車窓から」

13時12分、ようやく終点の蛸島到着。のと鉄道完全制覇達成です。みなさん下車して記念撮影。記念グッズを購入する方もいらっしゃいます。

 
「のどか」の一言です。
 
廃線記念グッズが売られていました

8分間の停車後電車は折り返し運転し、珠洲駅が終点となりました。私たちはこれから路線バスの旅となります。しかしながら次のバスまであと2時間ちょっと・・・。どうやって時間をつぶせばいいのやら。


HOME    NEXT