<帰り編その1>

2004年5月7日(金)

ロンドン・ガトウィック空港14:30着。楽しかったマルタ旅行から帰ってきてしまいました。 行きに一度使っている空港なので気分は少々楽です。持ち金が足りないので夫は両替5,000円(爆)。あまりに少額なのでなんども「これだけでいいのか?」と念を押されてしまったそうです。ま、列車料金はすべてカード払いなんでなんとかなるでしょ。・・・とは言っていたものの、夫は後で「1万円換えときゃよかった〜。」と少し後悔していた様子。今回、私は全くお金の管理をしていないので気楽なものです。

行きと同じに鈍行に乗ってヴィクトリア駅へ。一人8ポンド也(1700円)。
今度の宿はCovent Gardenにあり、多分夕食を食いっぱぐれることは無いとおもうのですが念のためにヴィクトリア駅周辺を探索してみました。駅周辺は比較的お安い宿がたくさんあるんで、きっとお安いレストランがあるはず・・・が、全然そんなもんは見つかりません。荷物も肩に食い込んできて疲れてきたので一回りして探索終了。駅の上にあるフードコートぐらいしか安く食べられるところは無いみたい。正確に言うとレストランはいろいろあったんですが、どこもランチのくせに一人2000円くらい取るとこばっかりで・・・。


ロンドンにまた帰ってきちゃいました

仕方ないので地下鉄に乗ってホテルに向かいました。本日の宿はストランド・パレス・ホテル。1泊23,800円也。

荷物も広げられないくらい狭い部屋だけど、綺麗だしいいか・・・。と思っていたらまたしてもトラブル発生!夫がベッドに腰掛けたら「ばきっ!」っと脚が折れちゃったんです。私が意を決してメンテナンス&ハウスキーピングのところに電話したら「すぐ行くから待ってて」の答え。その答えを信じて30分くらい待ってたのに音沙汰無し(泣)。夫がキレてフロントに電話し、問答無用で部屋を替えさせました。んで、通されたのが写真の部屋。

 
 
バスルームはまずまずの広さ
 
やはりティーセットがありました

をいをい、さっきの部屋より1.5倍くらい広いじゃ〜ん。でも、広い分だけなんだか寒く、部屋の中でも長袖着用。1泊だけどちょっとした荷物を入れようとクローゼットを開けたら服を掛けるところだけ。テレビの下は、というと冷蔵庫とティーセットが入ってるだけ。引き出し一つも無いんじゃ〜ん。使い勝手悪いんで長期滞在には向かないホテルだと痛感。イギリスに来る旅行者って、荷物ぜんぶスーツケースに入れっぱなしなんでしょうか???

外は曇り空ですっきりしないんだけど、小腹が空いたので外に出てみることにしました。Covent Gardenはなかなかの繁華街のようです。


Covent Garden付近。はっきり言って寒いです。
パブには人だかりが

繁華街を夕食求めてウロウロ。パブは激混みだし、レストランはお高い。でもお腹が激しく空いてきてしまったのでThe Market内にある「PONTI'S」でイタリアンを食べることにしました。トレー持って並ぶセルフサービス方式。夫がオーダー中に鳩フン攻撃にあってなぜか泣きそうになっておりました。鳩フンには何かトラウマがあるようです。


 
PONTI'S外観
 
左から巨大ポテトのカレーソースかけ・ラザニア・
カプチーノ・ホットチョコレート
しめて14.2ポンド(約3000円)

巨大なポテトには笑いました。私の顔ぐらいあるんです。ラザニアもモチモチしてて美味。イタリア料理最高!(爆)
美味しいモノを食べ、元気を回復した二人。ちょっくら付近を観光しようと思ったらとたんに大雨。なんということか私たち傘をホテルに置いてきていたんです。結局観光は断念し、スーパーで水を買って帰りました。

ホテルに戻ったら私はあまりの疲れに爆睡。夫が一人で散歩に出掛けてたことにも気づかないくらいに。しか〜し、真夜中に夫に叩きおこされました。マルタの空港で買った高級ワインを飲み、マルタで撮った写真をスライドショーで鑑賞しつつ、あっという間に酔っぱらってまたまた爆睡。ほんとに疲れてたのよ。