2004.3.26〜3.29
その7


2004.3.27(土)続き:春和樓餃子

「夕飯、あんまり遠出したくないな〜」と、2000年版るるぶ(新しいの買うのが面倒だった)をパラパラめくってたら魅惑的な写真が。おお、ガチョウ食べてないよね。

と、言う訳で行ってみました油麻地の「深井陳記焼鵝専科」。だけど、そこは若者向きのおしゃれ系レストランになってました。が〜ん。他に対抗馬も用意していなかったのでうろうろと歩きまわり、「おいしいものアンテナ」に引っかかったのがこの店。


目立つ看板

店先には現地の雑誌に紹介された記事がびっちり貼られていて、中を覗くと美味しそうな水餃子を食べている人たちでいっぱい。これはいけるかもしれない。で、食べたのがこれら。

 
肉のたっぷり詰まった水餃子
 
甘辛いタレがかかった水餃子
 
牛肉とネギの炒め物
 
蝦乾咸肉韮菜花(これだけ名前がわかる)

おかず系があまりに美味しいので追加でライスも頼んでしまいました。やっぱりこの店は当たりです。
お会計は153HK$(2070円)でした。

春和樓餃子:油麻地彌敦道沿い


膨れたお腹を抱えつつ旺角まで歩き、今日もマンゴープリンを食べたのでありました。