<バンテアイ・スレイ編>

2003.11.8(金)その2
バンテアイ・スレイは967年に作られたヒンドゥ寺院です。かなり修復が進んでいますが残念ながらロープが張られていて有名な「東洋のモナリザ」と言われているデヴァターに近づくことができません。ロープの中では遺跡調査員が彫刻の写真を撮っていました。 お仕事とはいえ、かなりうらやましいです。

 
赤い砂岩でつくられています。
 
細工が深くて細かい!
 
碑文。柱部分に彫られていました。
 
周壁部分。
 
肝心な部分は立ち入り禁止。
 
細かい彫刻、遠すぎてよくわかりません
 
外周壁上の東塔門。
 
祠堂。

ちょうど真っ昼間、気温36度。観光客の多さと暑さで参ってしまって、実は細かいことを覚えてません。

ここでソパールさんから耳より情報。今日は水祭りイベントのひとつ、ボートフェスティバルがあるというのです。スタート地点はホテルからほど近いところ。これは行かねば。