<オールド・マーケット編>

2003.11.7(木)その7
今日2回目のオールド・マーケット付近。でも昼はおしゃれな店しか行ってなので、ローカルの生活を垣間見るのはこれが初めて。さっそくつれてこられたのはオールド・マーケット入り口にあるソパールさんの知り合いの土産物屋。昨夜行ったセンターマーケットにあった店と品揃えは大差ありません。ここで私は夫へのおみやげ「アンコールビールTシャツ(2ドル)」を購入。すまん、夫よ。こんな安っすいおみやげで。

 
お店の方は若いお兄さん。
 
品揃えに目新しいものなし。
近隣の国からの輸入物も多いです。
 
なんか干物みたいのがぶら下がってました。
この内部がオールド・マーケットです。
 
おいしそうな炒め物。
 
この露天で果物を購入。
 
これが買ったマンゴスチン&ランプータン。
観光客値段でしめて5ドル。

おすすめの店での買い物が終わった頃、またしてもソパールさんは「私はここで待ってます。集合は何時にしますか?」発言。オールド・マーケットの中、案内してくれないの〜?

ま、仕方ないので「では、30分後」と告げて二人でオールド・マーケット内を探索開始。あまりの混雑&暗さに早々に退散。したがって内部の写真はありません。照明も無い様なマーケットでしたが食料品・日用品を売ってる店と飲食店がありました。周辺の店も冷やかしましたが、昼にも行っちゃってるし特に行きたいところもないので時間よりも早く引き返しました。

帰り道に露天で果物を売ってるおばさん発見。ソパールさんの通訳で日本では冷凍ばかり見かけるマンゴスチン&ランプータンを大量に購入。冷やしてホテルで食べましょうかね。

本日の夕食はホテルメインダイニングの「ル・グランド」。張り切ってちょっとドレスアップして行ったらなぜか中国人に間違えられ(帰り際に謝謝と言われたので判明)、英語メニューが出てきてしまいました。クメール料理のセットメニューがあるのでそれにしましたが、他のテーブルの欧米人はアラカルトメニューとにらめっこして時間をかけて(っていうかかけすぎ)吟味していました。エスニック料理、ダメなのかな?私たちの料理、もちろんとてもおいしかったです。