2003.2.8〜2.13
 
■2日目:2003年2月9日(日)■
<オアフ島島内観光>

本日はオアフ島デラックス一日観光の日。昨日買っておいたサンドイッチなどを食べて腹ごしらえ。案の定あんまりおいしくない。パンがパサパサだからかなぁ?トロピカーナのジュースが救いです。母の足の具合はいまいち。ゆっくりでしか歩けません。だましだましでがんばってもらうしかありませんね。

オプショナルツアーの集合は日本旅行のツアーデスク。チェックインの人たちも混じっていてかなり混雑していました。ここで名前をよばれた人たちからエントランスへ行き、自分たちの乗る車を待つというシステムです。私たちの他にもオアフ島一周観光を申し込んでいた方々がいましたが、スタンダードでした。総勢9名のにわか団体はまっ黄色の趣味悪い巨大リムジンに乗り込んで先に出発しました。リムジンってサロンカーみたいでしょ?にわか団体はさぞかし気まずい思いをしてるんじゃないかと。

私たちのリムジンはノーマルな白い6人乗り。親戚だけだし、足なんてなげだしちゃって楽々です。

でっかいリムジン貸切り 車内の様子

いよいよツアー出発です。最初のうちは昨日のブルーライントロリーで行ったところばっかり。曇りがちな天気だったので昨日写真を撮っておいてよかった。曇ってると海の色もグレーに見えちゃいますからね。車中からの観光は快適なんだけどどこ走ってるのかわからなくなっちゃいますね。地図を膝の上において確認しながらガイド(兼ドライバー)さんの話を聞いてたんだけどそれでも現在地を見失っちゃったりして。

行けども行けども似たような景色。島や岩にいろんな名前がついてて説明してくれるんだけどイマイチピンときませんね。・・・などと言っているうちに今回一軒目のお土産屋到着。食べ物系お土産の店です。いままでケチでお土産は買わないと思っていた欧米人がわさわさ買っているのをみてびっくり。商売上手というか、「損して得取れ」という作戦に乗せられてしまったものと思われます。マカダミアナッツの試食・チョコレートの試食・コーヒーの試飲・・・どれもこれもおいしくて私も大量買いしてしまいました。

大量のお土産を積んだ車が次に行ったのはライオン岩近くのレストラン。私たちとほとんど同時に例のにわか団体さんがやってきました。なぜかみんな不機嫌そうです。トーク、弾まなかったのかな?他にいるのは巨大な欧米人たち。彼らはアラカルトで頼んでました。食べる量違うからね。

私たちは鶏肉かビーフが選べるコースに決まっていました。肉嫌いな母、ピンチです。昼食は下の写真の通り。幸いマヒマヒ(白身の魚)が付いていたのでとりあえず母もOK。パンはむちゃくちゃおいしかったけど肝心のメインはねえ・・・。チキンにかかってた照り焼きソースはみたらし団子の味がしました。ちなみにビーフにも同じソースがかかってました。

滞在中で一番おいしかったパン マヒマヒと照り焼き風味のチキン

食べ終わって少しまったりしていたらウエイターさんが「申し訳ないけど団体さんが来るんで席を空けてくれますか?」と言ってきました。ガイドさんの言ってた集合時間にはまだ早いけど席を空けることに。しばらくして到着したのは巨大な観光バス2台。乗っていたのはいい体格した欧米人たち。おいおい、こんな人数このレストランに入りきるの?・・・案の定入りきれませんでした。どうするんでしょうかね〜。

食後、2軒目のお土産屋到着。今度は貴金属系です。母は過去のハワイ旅行で数点お買い上げ済みです。妹はハワイ産ぺリドットのピアスを買ってもらってました。母は私にも何か買ってくれると言ってくれたんですが欲しいものが何も無く、今回は遠慮しておきました。なんかセンス悪いのばっかり。

車はポリネシア文化センターを通過し、ノースショアへ。冬は特に波が高いらしく、写真には写ってないけどたくさんの人がサーフィンを楽しんでいました。時間があったらここでゆっくり過ごしてみたいけど、そんなことしたらきっと丸焼けだわ。・・・などと考えていたら、熟年’sは、岩手から来たという熟年4人組と親しげにトークをしていました。同じ東北から来たというだけでたちまち仲良しになるとは恐るべき熟年パワー。ガイドさんも「知り合いですか?」って聞いてましたよ。

サンセットビーチ サーフィン日和。今日も高波。

続いてわたし的に楽しみだった「ドール・プランテーション」へ。いままでパイナップルってみかんみたいに木にいっぱい生ってると思ってたんで地面に植わってるのをみて「あらら・・・」。ここのカットパインとソフトクリームは絶品です。

ドール・プランテーション パインソフトクリーム

続いてあまり行きたくなかったパールハーバーへ。熟年’sは「アリゾナ記念館」に行ったんだけど、私と妹は気が進まなかったんで隣にあった潜水艦そばへ。もちろん中には入らず近くをお散歩しただけ。入り口付近には魚雷とかミサイルとかが展示してあり、果ては大戦で亡くなった(と思われる)人たちの名前が刻まれた記念碑なんてものもあったりして気分はすっかりブルーです。

ミサイルらしい でっかい潜水艦

最後の観光スポットは日本人にだけ有名な「この木なんの木」。想像してたとおりの巨大な木です。とんでもない山奥にあると思いきやワイキキに程近い公園にありました。この公園は個人の持ち物だけど無料で開放しているんだそうです。太っ腹ですね〜。

 

この木なんの木 こんなにでっかいです。

午後4時ツアー終了。なかなか楽しませてもらいました。熟年’sが「晩御飯は自分たちでなんとかする」と言ってくれたので、私と妹は二人っきりで買い物と食事を楽しむことに。夕食は明日の昼食の下見を兼ねて「ムース・マクギリカディーズ」というお店に行ってみることにしました。そこで私たちは泣きをみることに。ロコモコはご飯3杯分はあったし、ローストビーフなんて下にパンとたっぷりのマッシュポテトが敷かれ、さらにハッピーアワーだったんで頼んだビールは2倍に増量されていました。たいへんおいしゅうございますが完食は無理です。それでも失礼の無い程度にはがんばってみました。

ロコモコ ローストビーフの下にパンとポテト

パチパチのお腹を抱えてホテルにもどったら、熟年’sは宴会の真っ最中でした。ABCで軽食とお酒を買って部屋で夕食を済ませちゃったそうです。明日の朝食も買ってきたというので買い物袋をのぞいてみたら、なんと「赤いきつね」と「どん兵衛」でした。おいおい。


<おまけ>
おじ購入の人形。大音響のハワイアンを流しながら腰振りダンスをします。


BACK    HOME    NEXT