2003.2.8〜2.13
 
■プロローグ■
誰が言い出したのか忘れてしまったけれど、ひょんな事から山形にいる母方の親戚とハワイに行くことになりました。メンバーは母・母の妹夫婦・母の弟・私の妹そして私の6名。親戚の皆様、豊富な海外旅行経験はあるものの、それはすべて添乗員付きの至れり尽くせりツアー。と、なるとツアコンは当然私と妹ということに。妹は10年前に行ったきり。なんと私はハワイ初体験、頼みの綱は「るるぶ」だけ。事前に何の情報も仕入れなかった私は行きの成田エクスプレスでお勉強。ぜんぜんイメージ沸かないんですけど。

■1日目:2003年2月8日(土)前半■
<出国→ハワイへ> 
山形組は成田に着くまでに珍道中をやらかしてました。東京駅で成田エクスプレスに乗り遅れせっかくの指定席をムダにしてしまい、立って成田空港へいくハメに。さらにターミナルを間違えてしまい巡回バスに乗ってやっと到着。さすが雪国から来たみなさん、着膨れてらっしゃいます。「暑い暑い」ってそりゃ「ももひき」履いてたらあたりまえでしょ。

皆さんがそろったところで集合時間になったので航空券を受け取ることにしました。今回は日本旅行のベストツアーを利用しました。私、ハワイ初めてだし、やっぱりホテルまでの送迎ついててくれてた方が安心ですから。日本旅行のカウンターは結構な行列でした。荷物がどーの、赤ちゃんベットの付けられる席にしてくれなきゃいやだのいろんなお客がいたせいでチケットを受け取ったのは30分後。今回は米国系のノースウエストなので荷物検査が厳しいかもしれないと、さっさと出国手続きをしました。以前より手荷物検査の回数が増えたような気がしたけど何の問題もありませんでした。時間が余ったので免税店へ。飲んべえ集団の皆さんのために麦焼酎1本お買い上げ。

いよいよハワイへ向けて出発です。お楽しみの機内食は「チキンのトマト煮」か「カツ丼」。どちらもおいしかったけどかわいそうなのは肉類がキライな母。付け合せのパスタやうどんを分けあって食べました。ハワイでのレストラン選びが大変そうです。

 

こちらはカツ丼。みごとな和風味。 こちらはチキン。イタリアン?



<ハワイ到着>
 
ホノルルの空港は日本からの便が続いて到着したために混雑していました。なのに入国審査はまったく進まずのんびりしたもの。私の番になった時、並び始めて45分経っていました。係員のおねえちゃんは「いろんなところに行ってるのね。」などと話しかけながら私のパスポートを1ページ1ページゆっくりめくっていました。これじゃ進まない訳です。荷物を受け取り出口を出たらベストツアーの係員がたくさん待っていました。「さあ、こちらで〜す。」といきなり造花のレイをかけられ、フラダンスの格好をしたきれいなおねえさんと一緒に記念写真を一枚。こんなことされるなんで思わなかったよ〜。寝不足なのにいきなりの展開でどきどきしちゃいました。適当に人数が集まったら同じ方向のグループと一緒に専用小型バスに乗ってホテルへ。あまりのスムーズさにこれまたびっくり。

今回のホテルは母(ハワイ4回目)おすすめのシェラトン・ワイキキ。ホテル専属係員によるオアフ島に関するレクチャーを受けその場で明日の「オアフ島一周ツアーデラックス(115ドル也)」を予約。お部屋に入れるのは12時以降。それまでの間、もらった「ランチクーポン」を使って海辺のカフェテリアで昼食をとることにしました。熟年組はランチを食べ終わった後ホテル内をお散歩。私と妹は今後の予定を頭をつき合わせて練っていました。3日目は短時間でクルーズ気分を味わえる「ホエールウオッチング」に決定。午後近くの旅行代理店に予約を入れることにしました。

ランチボックス。食べ切れません。 カフェテリアから見た景色。

12時過ぎたのでチェックイン。ホテルのカウンターではなく、日本旅行専用カウンターに鍵が用意されていました。今回は大人数で宴会をしたかったのでラージスイート+コネクションルームにしてみました。部屋に入ってみてあまりの広さにびっくり。全部で125.3uあるそうです。あまりの広さに私のカメラではリビングが全部入らなかったので2枚に分けて撮ってみました。広さ、わかりますか?

応接セット側 ダイニングセット側

部屋からの景色は冒頭の写真のとおりです。全員でバルコニーに出てきゃーきゃー騒いでいたら隣の部屋に泊まっていた日本人のおじさんが笑ってました。

 

BACK    HOME    NEXT