Stella's DIARY


 

 

2006.2.21 1000円カット


奥歯の詰め物が取れてしまったため会社をダッシュ上がりして中野駅そばにある歯医者へ。ここに来るのは3年ぶりです。いくら先生が若くて優しいからといって歯医者はやっぱり緊張しますね。

レントゲンを撮られた後、ちょいと歯を削られプラスチック状の詰め物をされて終了。最近の詰め物は白いからまるで健康な歯に戻ったみたいで嬉しいです。先生のチェックにより前歯に茶色く変色している部分が発見されてしまったのはにはがっかりでした。歯石も結構たまっているらしく、しばらく通ってくださいとのこと。ここの歯医者は仕事が速いんで2〜3回通って終了ってとこでしょうか。

歯の穴もふさがり買い物も済ませた私。思い立って髪を切ることにしました。去年の夏からカットしていない私の髪は結構な長さにまで成長。後ろで一つに結ぶと髪の重さで頭が後ろに引っ張られるほどでした。ドライヤーで髪を乾かすのにも時間がかかり、そろそろ限界を感じておりました。

「どうせ髪を切ってもお団子頭にしちゃうんだし・・・」ってことで行った先は地元の1000円カットの店。私を担当してくれたのは美容師免許なんて絶対に持っていないであろうナゾのアジア人兄さん。不安にかられながらも毛先を十数センチ切ってもらい肩下の長さにしてもらいました。兄さんの腕は当初の予想通りシロウト同然でした。

ま、頭は軽くなったしまとめやすくもなったし結果オーライか。皆さんには絶対お勧めしませんが。


2006.2.20 村山(sanchon)


このショッキングピンク、ぶっちゃけ日本のセンスではありえません

 
こんぶ(のようなもの)に
甘しょっぱい味がついております。
  何かの葉っぱを揚げたものに
甘辛しょっぱい味がついております。

夫が関わったアニメに「カレイドスター」というものがあります。韓国のスタジオといろいろやりとりをして作業をすすめたようですが、そこで一緒に仕事をした韓国人女性スタッフがこのたび観光で来日。おみやげでいただいたのがこれらです。

まず紙袋をみてびっくり。写真のリボンと同じ目にも鮮やかなショッキングピンク!村山(sanchon)という、日本でいうところの精進料理のお店のものらしく(お店のカードが入っていた)見た感じとっても体によさそうです。

一通り食べてみたのですが一番気に入ったのが甘くコーティングされた豆菓子です。が、気づいた時にはあらかた食べちゃっておりましたので写真はナシ。下2枚に写っているものの素材はナゾです。村山のサイトに行けばなにかわかるかも・・・と思ったのですが落ちちゃっているのかつながりません。
(ちなみにhttp://www.sanchon.comと書いてあります。)

葉っぱ系のどちらのお菓子(なのか?)にも言えるのですが、ものすごくしょっぱいところがあったり甘いところがあったり辛いところがあったりと味にムラがあります。ま、それが食べてて楽しい部分なんですが。

夫へのおみやげのはずなのにすでに半分食べちゃいました。やっぱりおいしいうちに食べた方がいいかな〜っとおもったし・・・夫は仕事で帰ってこないし・・・なんか私一人で食べ切っちゃう予感がするんですけど。


2006.2.11 二日酔い


ECOLE CRIORLLOのチョコムース
義理弟たかしさんがいつもこの店のスイーツを買ってきてくれます。

昨晩夕方6時から夜中の11時半まで飲み続けてしまったため完璧な二日酔いとなりました。コンタクトレンズを装着したまま寝ちゃったのって随分久しぶりです。ま、それほど酔っぱらっていたということで。

今朝は6時に目覚め、トリノオリンピック開会式が一番盛り上がる聖火台への点灯シーンをLIVEで見ることができました。あの、火花が走るところなんて一人で「おお〜!」っと声を出しちゃいました。鳥肌立ちまくりでしたよ。それ見ちゃったら満足して再び寝てしまいましたが。

再び起きたのは8時半。まだ酒が残っていたのでグレープフルーツジュースとハイチオールCを飲んで肝臓ががんばってくれることに期待する私。

昼頃仕事場から夫帰宅。私まだダメダメ。でも今日は狭山の夫実家に行かねばならないので重たい体を引きずって行動開始。辛い。はっきり言って辛い。でもがんばらなくては・・・・。

・・・夜11時帰宅。女子モーグル予選&一眠り後決勝をみて長い一日が終了。まじできつい1日でしたよ。


2006.2.10 食あたり?


昨日のお昼、同僚3人で某弁当屋のハンバーグ弁当をおいしく食べました。
そして今日、私以外の2人は激しい腹痛で休みました・・・これって食あたりだったのかしらん?

私なんて夜飲みに行っちゃったぐらい元気いっぱい。 賞味期限切れのものをなんのためらいも無く食べてる生活をしてると多少のことならへっちゃらになるのかな?これって自慢にならないか。


2006.2.5 ジョヴァンニ


牡蠣のグラタン

金曜〜日曜は掃除・洗濯・料理などの家事仕事以外ほぼ終日ドラクエZ三昧。せっかくのいい天気なのになんたるダメ主婦ぶり。この週末外にいた時間はトータルしても2時間程度だったのでは?

あまりの引きこもりっぷりに夫は見るに見かねてか日曜の夜私をジョヴァンニに誘いました。夜8時現地集合。なのに私はなんと待ち合わせ時間を1時間勘違いし、夫がワインなぞ飲み始めている頃まだのうのうと「功名が辻」を見ておりました。夫からの「早く来い」電話で慌てて家を出た次第です。 ダメにもほどがありますねぇ。

ジョヴァンニはご近所の家族連れがふらっと来るような店なんですが、ちょいと凝った料理が多いためか値段設定はやや高め。がっつり食べて飲んだら14,000円もいっちゃいました。気が付いたら私たちが最後の客になっており、お会計の後はフロアだけでなく厨房にいるスタッフの方までも全員でお見送りしてくれました。

あ〜酔っぱらった。明日会社なんだけど。

2006.2.2 テレビの威力


先日たまたま見たテレビ番組で地元中野のラーメン屋「喜神」の店主が家族と一緒に出演していました。

敏腕プロデューサーが素敵なCMを作っていまいちイケてない店や観光地を宣伝してあげる。という番組で、喜神は「味はいいけど行列のできないラーメン屋」として登場。確かにこの店、行列してるところを見たことがありません。一番の敗因は立地条件の悪さ。ラーメン激戦地区の端っこ、限りなく新井薬師商店街に近いところにひっそりとありますので存在すら知らない人も多いと思われます。

私が最後にここのラーメンを食べたのは開店してまもなく。まだラーメンに「黄蓋」とか「赤蓋」とかいう名前が付いていて、なぜか蓋付きの丼でラーメンが提供されていた頃です。その当時もまあまあ美味しかったのですが今では味もかなり進化しているんでしょうね。番組で試食してたラーメンおたくが絶賛してましたから。

放送から数日経った今日、店はどんな様子か買い物ついでにのぞいてみました。「行列」とまではいかないまでも4人ほどのお客が待っていました。テレビの威力はすごいですね。

ちなみに店主は中野生まれ中野育ち。勝負するなら中野でと決めていたそうです。ゲストの大竹まことは「わざわざ激戦区の中野じゃなくて隣の東中野でやりゃ〜いいのに。」と言っていましたが、同じく中野生まれ中野育ちの夫にこの話をしたところ「いや!やっぱり中野は特別なんだよ。東中野じゃダメなんだよ。」と力説しておりました。この土地に相当思い入れがあるようです。池袋生まれ練馬育ちの私にはわかんないけど。